Interviewラックの人を知る

Interview 01

「藤﨑さんが担当した結婚式の中で一番だったら嬉しいな」
というお客様の言葉に感動
ウエディング事業 藤﨑海砂

リッツ5のモットーは「わがままウエディング」。普通の結婚式では物足りないと私たちの方から沢山のご提案を行います。それでも、決して一人では出来ず、準備から当日までに関わる全てのスタッフのチームワークがなくてはなりません。“お客様が好き”、“仲間が好き”そんなお節介なほどに相手のことを考えられる人を求めています。

Interview 02

式当日で終わらない関係を築けることがこの仕事のやりがい ドレス事業 石田理恵

主な仕事は新郎新婦の衣裳合わせ。時間をかけて打ち合わせを重ねてきたコーディネートで、当日幸せそうに微笑むお二人を自分の目で見られることが一番の喜びです。「ドレスが好き」という想いで始めた仕事ですが、それよりも「人が好き」という想いこそが私がこの仕事を続ける理由です。

Interview 03

冠婚葬祭は究極の接客業、多くの感動を創造したい フューネラル事業 桝本雄宙

お葬儀は人生最期のセレモニー、1つとして同じものはありません。お客様のご要望をカタチに、想像以上のサービスを提供することが大きな感動に繋がります。一度しかないお葬儀。大切な方を失ったご遺族の心に寄り添い、最後まで関わり尽くせることが私の仕事のやりがいです。

Interview 04

若い社員が多く、楽しい時間も悩み事も共有できる環境 営業部 本島匠悟

同じ部署には歳の近い先輩が多く、嬉しいことや楽しいことを共有したり、大変なことや悩んでいることは相談したりしています。また、社内イベント通して、部署の垣根を越えた繋がりを築くこともできます。お客様だけでなく、一緒に働く仲間への想いやりを忘れない社員が多いことがラックの魅力です。